英会話ができるようになってからは伸びない英語

ある程度英会話が普通にできるようになり、アメリカ留学も、アメリカ生活も苦労知らずになってきた頃、アメリカで大学に入りました。
高校からアメリカ留学をしていたので、大学から留学してくる日本人の友達の通訳に最初はなったりもしていましたが、ある日、自分の英語は、単語の数が少ないことに気がつきました。
言い回しができるようになってきた頃から、新しい英単語を覚えようとしていなかった自分に気がつきました。日本で高校を卒業してから来た子に聞いてみると、日本では、とにかく単語をたくさん覚えたけど、実際に実践できる英単語は、聞くことはできても、使うことが難しいと言っていました。
同じ単語でも、本場アメリカで、ネイティブの人と話すときは、いろいろな言い回しがあるので、ある程度英会話が話せるようになれば、言い回しだけで、通じてしまうことから、しばらくの間、新しい単語を覚えていなかったことに気がつきました。
それ以来、新しい単語もたくさん覚えて、言い回しの中にも入れて話せるように頑張りたいです。
英語を話せるようにるためには、耳でできるだけ速いネイティブな英語を聞き続けることが大事だと言われています。
英単語や文法を覚えることも、ある程度は取り組む必要はありますが、まずな耳を英語に慣れされることが大事です。
日常英会話なら中学校で習った単語と分包があれば、不便を感じることが無いとされています。
中学校時代の英語のテキストを見ていると、何とか読めるし、意味も理解できるのですが、イザネイティブな英語で話させると、よく聞き取れず、よく理解できずに困ってしまうのではないでしょうか?
だからこそ自然なスピードで話させる英語を聞き流す環境を作ることがいいのです。
しかし、そんな特別なことができるのでしょうか?
首都圏に住んでいる人であれば、絶好の機会があります。
それはAFNと呼ばれているのでラジオ放送です。
AFNのアメリカのラジオ放送なのですが、米軍基地から発信されています。
この放送は首都圏であれば、ほどんどの地域で聴くことができるのです。
このAFNは、時事ニュースを流してみたり、ラジオ歌番組と様々な構成となっていますが、まさにネイティブの英語を聴くことができます。英語の通訳や翻訳にもおすすめの勉強法です。